くすぶりOL日記

アラサーOLが仕事やファッション、アラサー友達の生態などを気ままに綴ります

食にこだわりすぎる女たち

 

以前、趣味の音楽仲間の女性達5人で、練習後、ランチに行こうということになった。しかし、飲食店が少ないエリアだった上、5人で入れるお店がなかなか見つからず、さんざんうろうろした末、やっと一軒のパスタ屋さんにたどり着いた。やれやれ...と思い、入店しようとしたら、仲間の1人が、このお店では食べるものがない、と言い出した。「私、グルテンフリーダイエットをしているから、パスタは食べられないの」えー、またお店を探さないといけないの?これにはげんなりしてしまった。


同じような経験は他にもある。女友達と旅行に行った時のこと。1日観光をして、夕食も終え、さて、宿に戻ろうと思ったら、友人が「豆乳を買いに行きたい」と言い出した。毎朝豆乳を飲むことを習慣づけているというのだ。近くのコンビニに行ったら豆乳があったので、それを買うのかと思いきや、それではない、と言い張る。決まったメーカーの商品でないといけないと言う。しかし、いくつかコンビニを回ってもその商品が見つからない。歩き回ってクタクタである。ついに諦めるかと思ったら、彼女は「スーパーでないと売っていないのかも」と今度はタクシーの運転手にスーパーの場所をヒアリングし始めた。これまたげんなり、である。


この二件のように被害を被っていないが、飲食店絡みでのびっくり体験は他にもある。
先日会社の女性の先輩とランチに行ったら、お冷やとドリンクに氷が入っていた。私は気にせずごくごくと飲んでいたが、彼女は店員を呼び止め、氷を全て排除するようお願いしていて、驚いた。氷は体を冷やすので、一切食べないようにしているという。
また、部署の歓送迎会では、別の先輩が特定の食べ物を全て残したり、取り分ける際に「私はいらない」と主張するのでよほど偏食なのかと思ったら、炭水化物を一切とらないようにしているとのことだった。

このように、私の身の回りには、食事にこだわりすぎている30代女性であふれている。彼女達に共通しているのは、頑ななまでに自分のスタイルを変えない点である。みんなに悪いから今日はパスタを食べようかな、とか、旅行中くらいは豆乳を我慢しよう、といった発想はなく、パスタ、氷、炭水化物ダメ絶対!、豆乳なくして我が人生なし!とばかりに貫いている。それに巻き込まれる者はたまったものではない。
ただ、彼女らにはもう一つ共通点がある。みんなとてもスマートだということだ。裏を返せば、ここまで徹底しないとナイスボディーは維持できないものなのかと、おのれの出腹を見ながら思う。

 

やや話は逸れるが、先週念願のハワイ旅行に行ってきた。アメリカ人の料理はバターたっぷり、炭水化物祭りの超大盛りだが、若い女の子達は日本の3人前はありそうなそれらの料理をもりもりと食べていた。ビーチに行けばメイプル超合金も真っ青な巨体の女性がビキニ姿で楽しそうに写真を撮っている。
肥満は肥満でよくないが、彼女らの楽しそうな姿を見ていたら、本当に日本人女性は、食事や体型をあまりに気にしすぎなのではないかと思う。
ハワイで食べた食事の写真を載せつつ、ため息をつく。

 

f:id:OLdiary:20170714192222j:imagef:id:OLdiary:20170714192234j:imagef:id:OLdiary:20170714192246j:image