くすぶりOL日記

アラサーOLが仕事やファッション、アラサー友達の生態などを気ままに綴ります

ロングすぎるヘアの弊害と、ヘアドネーション

先日、腰のあたりまであった髪を30cm以上カットしてきた。周囲からまるで別人のようになったと言われたが、頭が軽く、すっきりして、私自身も別人になった気分である。

ここまで髪を伸ばすと、まあ、ろくなことがない。まず髪を乾かすのに2、30分かかり、シャンプー代と電気代と時間がもったいない。次に、部屋が髪の毛だらけになる。カーペットに髪が絡まって掃除機でも吸えず、なんとも汚らしい。さらには髪がこんがらがって掃除機は壊れるし、お風呂も洗面台も詰まる。私はカラーリングを繰り返していた上、パーマもかけていたので、髪の傷みも気になる。枝毛と闘うため、定期的にトリートメント代はかかるし、とにかく大変なのだ。

はじめは結婚式に向けて伸ばしていたのだが、ヘアメイクの人に「髪が長すぎてかえって髪型の選択肢が狭まる」と言われ、もはや何のために伸ばしているのかも分からず、ただ貧乏性ゆえ、なんとなくもったいないから切らないでおこうと思っているうちに、この長さにまでなってしまった。

そんな時、たまたまネットでヘアドネーションというものがあることを知った。31cm以上の長さが必要だが、髪を寄付して、病気や事故などで髪を失った人のためのウイッグに活用してもらえるのだ。
これなら、髪を切ってももったいなくないし、私の髪も掃除機を破壊する以外の立派な役目を果たすことができる!さっそく近所のヘアドネーション協賛美容院を検索し、予約してみた。

さて、いざカット、という時になると、それでもやはりちょっぴり惜しくなって、頭の中を卒業ソングが駆け巡る。さーよーなら、さようーならー🎶
しかし、いざハサミを入れれば、あんなに伸ばすのに時間がかかった髪は、一瞬で肩までの長さになってしまった。

さようなら、手間暇かけて伸ばした私の髪!立派に人様のお役に立つんだよー(^-^)/

さて、また髪を伸ばそう!(←あれ?)

参考)ヘアドネーション
https://www.jhdac.org/index.html

 

f:id:OLdiary:20170623183423j:imagef:id:OLdiary:20170623183435j:image