くすぶりOL日記

アラサーOLが仕事やファッション、アラサー友達の生態などを気ままに綴ります

女は馬鹿な方がいい...なんてウソ

さすかにもう言われなくなったと信じたいが、私が学生だった頃はまだ「女は馬鹿な方がいい」説があった。高学歴女はモテない、結婚できないというのだ。


さて、それから10年近くが経った今、改めてこの「女は馬鹿な方がいい」説を検証してみると、少なくとも私の実感としては、まったくのウソだといえる。

例えば、ここ数年で結婚した、周囲の高学歴男性の結婚相手を見てみよう。

男: 東大院卒、女: 東大院卒 ×2組
男: 東大卒、女: お茶の水女子大卒
男: 東大院卒、女: 早稲田大院卒
男: 早稲田大卒、女: 早稲田大卒

とまあこんな具合で、もののみごとに高学歴男性はみな高学歴女性と結婚していた。彼らの出会いの場を聞いてみると、大学時代の研究室やサークル、あるいは職場だそうで、自ずと自分と同じような環境にいる同じような学歴の人と知り合い、結婚しているようだ。これは自然な流れのように思う。
彼らに聞くと、同じような環境にいる人の方が話が合う、結婚するなら一般常識の通じる人、経済的にも精神的にも自立している人がいい、などと言う。いや、なるべく馬鹿な女がいいですね、なんて言う人はいないのだ。

 

結婚のみに限らない。仕事ではもちろん、お馬鹿ではやっていられない。知識や高い能力を持ち続けないとだめだなぁと、だんだん若手ではなくなってきた今、強く思う。無知だと商談で恥をかくし、ただかわいいだけの女の子は飾り物で終わってしまう。以前何かの記事でアクセサリー女子、という造語を目にしたことがあるが、言い得て妙、だと思った。
つまり仕事でも絶対賢いほうがいいと思うこの頃なのだ。(さぁ、勉強するぞ)

 

結婚に話を戻すと、これは自論だが、同じような学歴、生活環境の者同士が結婚すれば、自ずと価値観が合い、1番うまくいくのではないかと思っている。
つまり、馬鹿な女がいいと言っている人は、その人自身が馬鹿なのだろうと思っている。
未だにそんなことを言っている男性諸君、自分の馬鹿さがバレるからやめましょう。